サロン脱毛

【知らないと損をする】レーザーと光脱毛の違いを徹底解析!

更新日:

レーザー脱毛と光脱毛どちらがいいの?

今では脱毛するのが当たり前となり、クリニックなどの医療レーザー脱毛と、エステティックサロンでの光脱毛に大きく分けられる様になりました。

 

昔に比べてエステティックサロンでの光脱毛は主流となり、友人が行ってるサロンや、口コミ、価格の安いサロンを探して行かれている方が多いのですが、レーザー脱毛と光脱毛の効果や違いは何なのでしょうか。

脱毛のしくみ

脱毛には大きく分けてレーザー脱毛と光脱毛があります。

 

どちらの脱毛も、皮膚表面の毛をシェーバーやカミソリで処理した状態の上に、レーザーや光を当てます。

 

皮膚の下の黒い毛に熱を吸収させる事で毛包全体に熱を伝え、毛を作る毛母細胞にダメージを与える事で毛を生えなくするという仕組みです。

 

毛根を破壊し、毛を生えなくするといった目的は全く同じですが、照射範囲や痛み、料金の違いが大きいようです。

レーザー脱毛とは

医療クリニックで行う事がほとんどで、出力が強い分痛みが強いと思われていましたが、今では技術の進歩や多種多様な機種が出ている事によって痛みが少なくなっています。

 

レーザーの場合は熱を一点に集中させ、組織を破壊する方法で、波長の違いによって熱を加える深さや痛み方が変わってきます。

エステサロンでの光脱毛は

当てる範囲が機種によって様々で、1×1㎝のクリスタルから出る光を当てるサロン。

 

大きな10×10㎝の範囲で当てていく機械があるなど、取り扱う機種によって大きく変わってきます。

 

ほとんどの機械は冷却効果が効くようになっているので、いまでは冷たいジェルを塗って身体を冷やし、光の反射ができる様にしてから脱毛を行う方法でした。

 

しかし今はジェルを塗らなくても そのまま照射ができる機械。

 

他にも熱を加えているにもかかわらず脱毛後でも肌表面を冷やさなくてもいい機械があるなど、エステサロンで取り扱う機種にも変化がみられています。

 

寒いのが苦手という方にはとても嬉しいことですよね。

レーザー脱毛より光脱毛が選ばれる理由

レーザー脱毛では、医療用機器として安全、出力が強い、早く完了するというメリットがありますが、なぜエステサロンでの脱毛を選ばれる事の方が多いのでしょうか。

 

様々な項目で光脱毛とレーザー脱毛を比較してみました。すべてを比べ自分にはどちらがいいのか。合っているのか判断してください。

①回数の違い

医療クリニックでは、エステティックサロンと比べて出力が強く、通う回数も少なくて済むというメリットがあります。

 

目安としたら5〜7回の来店でほぼ脱毛が完了してしまう程のスピードです。

 

エステサロンではクリニック程の出力がない為、12〜24回という回数が必要で、2年以上かかるのに対してレーザー脱毛は1年程で終わってしまうのはとても魅力的です。

 

なかなか来店する時間が取れない長期間かかるのは嫌だという方はレーザーの方がいいでしょう。

【毛が抜けない原因】脱毛に通ったのにVIOがキレイに抜けない理由

続きを見る

②値段の違い

医療クリニックでの脱毛は保険がきかないので、全身脱毛では30〜50万程の金額がかかります。昔は100万はかかっていたので金額として始めやすくなってきました。

 

それに対してエステサロンでは20〜30万と、比較的安いのが特徴です。

 

回数やサロンによって価格が違うので、エステサロンを選ぶ時には回数などもチェックする必要があります。

 

しかしサロンによっては出力を低く設定し来店回数を増やすサロンもあるようです。

 

なかなか毛が無くならないため追加で契約し総額で考えると100万ほどかかってしまってというケースもあります。

 

光脱毛がすべて安いというわけではありません。目的は毛を無くすということですから安く通って毛が生えていては意味がありません。

 

サロンでカウンセリングに行くのも大切ですが一番は実際にサロンに通っている方の口コミがあれば間違いありません。

【乳輪周りの毛】正しい処理をしないと起こるトラブルとは

続きを見る

③出力の違い

医療クリニックでは、肌に何か問題が起きたとしてもその場ですぐに対応できるという点から、出力を高く設定して照射する事が可能です。

 

エステサロンにはない安心性ではないでしょうか。

 

しかし出力が高い分、火傷からかさぶたになるケースや、赤みやひりつき、炎症、色素沈着が出やすいというデメリットがあります。

 

背中やワキ、Vラインに限っては毛嚢炎(もうのうえん)が出来る可能性が高いと言われています。

 

毛嚢炎とは、レーザーを当てた後に毛穴のバリア機能が弱まり、毛根を包んでいる部分が細菌感染する事で毛穴がニキビの様な膿を持ち、化膿した状態になる事です。

 

痛みはありませんが、赤みが出るのが特徴で、目立ちやすく治りにくいのです。

 

その他にも出力が高い為に、照射した毛穴の周りが炎症して、むくむといった炎症性浮腫や、産毛が太くなる硬毛化、毛量が増えるといった事が起こりやすくなります。

 

しかし、エステサロンでは、出力が弱い為に、そこまでのリスクはありません。

 

 

火傷の心配もなければ色素沈着やかさぶたになることはほぼ無いに等しいのではないでしょうか。

【VIO脱毛】コアな疑問にお答えします!綺麗なアンダーヘアをつくる方法

続きを見る

④照射できる場所の違い

医療レーザーでは、反応が強く出てしまうので、色素沈着の濃い部分の乳輪周りやデリケートゾーン、肛門周りには照射出来ません。

 

シミやアザ、盛り上がっているホクロの上へにも照射は出来ないのです。それは、黒いものに反応し、効果を最大限に発揮するように出来ているからです。

 

エステサロンでは粘膜以外であれば、乳輪周りや肛門周り、薄いシミの上からでも照射する事が可能ですので、照射出来ない部分だけ毛が残ってしまうという事がほとんどありません。

⑤脱毛に適している場所

レーザー脱毛では、毛が太くて濃い方が効果が上がります。膝下やひざ下など、自己処理のやり過ぎから毛が濃くなってしまった部分です。

 

逆に顔や手の甲指の薄い毛や産毛などには向いていません。

 

一方でエステサロンの光脱毛は、出力の調節が可能で、レベルの調節が幅広くできる様に作られています。

 

濃くて太い毛は低いレベルでも光の吸収が良いので、高い出力で当てなくても効果を十分に発揮できますが、薄くて細い毛には出力を高く設定し、光の吸収を助けることで脱毛が可能になるのです。

⑥来店ペース

レーザー脱毛は初めは1〜2ヶ月に1度、毛の量が少なくなってきたら3〜4ヶ月に1度の割合での来店をおすすめしています。

 

しかし、通うペースが乱れてしまうと効果がなくなりますので、約一年間はしっかりと通いましょう。

 

エステサロンでの光脱毛は、基本的に2ヶ月に1度の割合です。

 

回数を当てていくと、2ヶ月では毛が生えてこなくなりますので、6〜8回の照射後は毛の生えそろった頃の3ヶ月後での来店をおすすめしています。

 

通うペースが乱れてしまうと効果がなくなるといった事はありませんが、自己処理などの刺激でまだ毛が濃くなりやすいという事が起こりやすくなります。

 

レーザー脱毛にしても光脱毛にしても、しっかりとペースを守って照射する事が毛をなくす為には1番の近道ですから、頑張って通いましょう。

⑦痛みの違い

レーザー脱毛は昔よりも痛みが軽減されてきたとはいえ、痛みがない訳ではありません。

 

皮膚が薄くて毛の濃い部分では、別料金になりますが麻酔を塗ってもらってから照射ができます。

 

レーザー脱毛をする際には、それ程の覚悟がないと綺麗になれないのです。

 

光脱毛では医療程の出力がない分、痛みに耐えられない程ではありません。

 

 

ゴムを手の平にパチンと弾いた程度とよく例えられるほどの痛みですから、涙を流して我慢する位ではありません。

 

痛みに強く、早く脱毛を終わらせたいのであれば医療クリニックを、痛みに弱く全体的に濃いのであれば、エステサロンをおすすめしたいと思います。

 

どちらの脱毛方法でも技術の進歩によって、かなりの確率で毛がなくなる時代になりました。

 

どこでどの様な脱毛方法をするかというのも選ぶ事が出来る様になったので、一度体験に行ってみて、金額のことや毛量の相談、長く通うことになるので、雰囲気なども見て来られるといいのではないでしょうか。

脱毛すると脇汗が大量増加!?ワキガになる可能性は?

続きを見る

インスタグラムもチェックしてね


-サロン脱毛

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.