肌トラブル

【乳輪周りの毛】正しい処理をしないと起こるトラブルとは

更新日:

恥ずかしいー!乳輪の周りの毛

女性にとってバストの大きさや形、乳輪の色などは、他人と比べることがあまりできない部分だからこそ多くの方が気になる部分です。
毛が生えていても何も問題は無いですし、産毛が生えているのは当然なのですが、濃くてフサフサとした太い毛が生えてしまっていたらどうにかしようと考えます。

乳輪の周りはジョリジョリとした太い剛毛な毛が生えやすい部分だと感じませんか。さらに自己処理を続けることでドンドン濃くなり、さらに太い毛を処理するため毛穴が荒れやすく色素沈着してしまうと キレイなバストが保てなくなってしまいます。デリケートな部分だからこそ しっかりとしたお手入れ方法を学びケアをしましょう。

様々な処理方法がある中で どのような方法を選べばいいのか、自己処理方法や脱毛方法、肌トラブルの危険性をお伝えしたいと思います。

なぜ乳輪周りに毛が生えるのか?

乳輪周りに限らず、毛はホルモンのバランスによって生えてきます。
女性ホルモンは頭髪などの成長を促す働きをし、男性ホルモンは頭皮以外にも身体全体の体毛の成長を促すと言われています。

乳輪周りの毛は特に【ホルモンバランスの乱れ】が原因で生えやすい場所ですから、ストレスやお肉中心の食生活、遺伝、そして年を重ねる事につれて女性ホルモンの量が減少し、男性ホルモンが優位になりやすくなる事が原因という事が考えられます。

乳輪のブツブツが気になる

乳輪の中にあるブツブツとしたものは、【モントゴメリー線】という皮脂腺で、その一つひとつが盛り上がって出来たのものです。

人によって目立ち方は様々なのですが、遺伝や食生活以外に、思春期の時にニキビが出来やすかった方は数が多くなりやすく、また、乾燥しているとブツブツした皮脂腺から皮脂を出して肌を潤そうとして目立つ事も多くなります。

授乳をする時に、赤ちゃんが見つけやすいようにという目印代わりや、更年期で かゆみ を感じてから目立つ様になってきた。との報告も多く、ホルモンバランスにとても関係の深い場所なのです。

ですから、ブツブツとした場所から毛が生えてくる事はありませんが、色やブツブツの大きさ、数が気になるようであれば、まずはバランスの良い食事や生活を心がけ、清潔に保ってみて下さい。

ビタミンや食物繊維をより多く摂取する事や、クリームなどで保湿を こまめにする事で目立ちにくくなります。

乳輪はデリケート!良い自己処理方法は?

自分で出来る自己処理といえば、カミソリやシェーバーでの処理が一般的ですが、自己処理の仕方によって 毛そのもの自体 が太くなったり、毛の本数が多くなる事をご存知でしょうか。

自己処理による肌へのケアを間違えるとトラブルの原因になります。
乳輪周りは特に皮膚が薄く、デリケートな部分ですから、適切な処理の仕方でお肌を傷つけない様にしましょう。

【処理方法】アンダーヘア(陰毛)の白髪は意外と目立っている

続きを見る

毛抜きを使うと乳輪のブツブツが悪化

生えている毛を無理やり引っ張って抜くという処理は様々なトラブルを招いてしまう恐れがあります。

埋没毛とは、

毛抜きで無理やり引っ張って抜くという行為で毛根や皮膚が刺激され、毛穴の出口に薄い皮膚が覆われます。

そして、その毛根から また産まれてくる毛 は出口がない為に肌の外へ出る事が出来ず、皮膚の中に埋まったまま になります。それでも 毛は成長し続ける事で皮膚の中で長い毛が埋もれてしまうという状態の事です。

毛嚢炎とは、

毛根を包んでいる部分が自己処理によって細菌感染する事で起こります。

毛穴がニキビの様な膿を持った化膿した状態になり、痛みはありませんが 赤みがあるのが特徴で、太ももやヒップなどにも出来やすく、目立ちやすいのが特徴です。

その他、

毛穴の奥の毛根を刺激する事で、毛が太くなったり、一つの毛穴から2〜3本の毛が生えてきてしまったり、無理やり引っ張る事から内側の皮膚も押し上げられ、毛穴ひとつひとつが鳥肌状になるので、毛がなくなったとしても鳥肌状態の肌はそのまま残り、滑らかとは言えない状態になってしまいますので、毛抜きでの自己処理は適切とは言えないでしょう。

剃刀シェーバーで乳輪が大きくなる!

カミソリやシェーバーでのトラブルが多いのは、色素沈着や毛の生えている範囲が広がる事、埋没毛になる可能性が高い傾向にあります。

刺激によって乳輪の色は黒ずみ、乳輪自体の範囲も大きくなってしまっては毛を処理するよりも 大きな悩みとなってしまいます。
乳輪周りの毛は元々濃くなる素質のある部分ですし、皮膚が薄く傷つきやすいので、カミソリやシェーバーを当てる時には充分な注意が必要です。

その他には、カミソリの歯を直接当てる事で傷つけてしまい炎症してしまうケースや、色素沈着、埋没毛、皮膚を削るという行為から どんどん皮膚を弱らせ、肌トラブルになりやすい肌を作ってしまいます。

範囲が広がったり、濃い毛が生えてこなくする為にもカミソリやシェーバーでの処理もおすすめできません。

抑毛(よくもう)剤で抑える

自己処理方法の中で、一番お肌への負担が少ない処理方法です。

毛の成分であるタンパク質を分解する効果があると言われているパイナップルエキスや、豆乳エキス配合のローションやジェルをお肌に塗るだけで、毛の生えてくる周期が遅くなったり、発毛を抑える効果があると言われています。

しかし即効性がない為、何週間〜何ヶ月も塗り続けてやっと効果が分かり始めたという方もいる中で、全く効果が分からないと言う方もいらっしゃる程の効果でしかありません。

抑毛剤での自己処理を選ぶなら、あせらず気長に毛が無くなっていくのを待ち続けてみましょう。

レーザー脱毛、光脱毛はできない

毛を生えてこない様にするといった面では一番の脱毛方法ではないでしょうか。
しかし、レーザー脱毛や光脱毛では色素のある部分には照射出来ないという欠点があります。

一般的に光脱毛が出来ない場所とは、まぶたや粘膜、イボ、ニキビ、傷跡、シミやホクロなどの色素のある部分です。
その乳輪周りの毛が乳輪の色素の中に生えていたり、ギリギリの部分だとしたら、レーザー脱毛や光脱毛での処理には向いていないという事になります。

色素に光が当たると火傷をしてしまう為、水ぶくれになるケースも少なくありません。

毛穴に電気を流すニードル法

エステサロンやクリニックには、昔ながらのニードル法と呼ばれる脱毛方法を未だに取り扱っている店舗もあり、このニードルでの脱毛方法では色素の中に生えてしまっている毛でも処理をする事が可能になっています。

しかし、ニードルと呼ばれる針を毛穴の一つ一つに直接入れ、毛根を熱処理する事で毛を生えてこなくさせる方法ですので、これまでの豊富な経験が必要ですし、血液感染のリスクが高まるのも事実です。

ニードル脱毛を選ばれるのであれば、衛生的にも しっかりとしている安心な医療機関で受けられる事をおすすめします。

毛の自己処理と言っても、今では色々な種類の脱毛方法があります。
お肌の事を一番に考え、毛の状態に合わせて適切な脱毛をおすすめしますが、なにより負担がかからない脱毛で処理を行う事をおすすします。

【光脱毛】ホクロの太い毛って脱毛できるの?

続きを見る

【処理方法】アンダーヘア(陰毛)の白髪は意外と目立っている

続きを見る

インスタグラムもチェックしてね


-肌トラブル

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.