自己処理方法

中学生で顔の毛を気にしている女子が多い!正しい剃り方

更新日:

鏡を見るたびに気になる顔の毛。男性のようにジョリジョリではないけれど ふさふさ生えていると気になりますよね。

 

顔の毛は薄いですが意外と太陽などの光に当たることによって目立っている場合があるのです。

 

中学生でも顔の毛が気になり剃っているという子も多くいます。

 

実は意外と男の子の意見としても女子の鼻の下のが気になる・・など見られているのです。

 

しかし、カミソリでただ剃っているという方は注意してください。

 

顔の毛を自己流で剃ることを続けていると肌トラブルや濃い髭が生えてきてしまうこともあるのです。

【VIO脱毛】コアな疑問にお答えします!綺麗なアンダーヘアをつくる方法

産毛は剃らない方がいい??

みなさんは お顔の産毛をどのように剃っていいますか?剃り方を間違えてしまうと黒ずみが起こったり 鼻の下は濃くなり青くなるなどのトラブルも多いのです。

 

案外 男性からも見られている所がお顔の毛。今は中学生からメイクをしている子なども増え顔をじっくり見る機会も増えてきているはずです。

 

顔の産毛をそるのにはメリットもありますが、デメリットの方が実は多かったんです!!

ココがポイント

●身体は服で隠せるが顔はどうしてもむき出し。
毎日 見る顔だからこそ産毛も とくに気になる部分...

鼻下や口下の毛が一番の悩み

モモ
顔の毛の中でも一番多い悩みは鼻の下の毛よ。男の人もヒゲが生えている女性は嫌みたい。
早めに処理をしたいよね!でも間違ったやり方をするとひどくなることもあるんだよ!
コボ

中学生に多いのが顔全体の毛というよりは鼻の下や口の下の毛です。

 

ホルモンの影響もありますが男性ホルモンが強ければ強いほど濃く毛量が多くなりやすい部分になります。

 

小学生の時は そんなに気にならなかったのに中学生になると徐々に気になるようになり始めたという方は生理が始まりホルモンバランスが乱れたことにより起こったと考えられます。

 

本来であれば剃らないことが一番ですが、思春期の女子はどうしても気になってしまうでしょう。

 

その場合はお風呂上りの肌が潤っているときにクリームを塗ってから始めてください。

 

間違っても絶対に肌に何もついていない状態では始めないでください。

 

そしてポイントは毛並にそってお手入れするということ。逆剃りは厳禁です!

 

剃り終わった後は化粧水 乳液でしっかり保湿をしましょう。

ココがポイント

●鼻下の毛は誰もが悩むポイント

●自己処理は肌負担のないように

【処理方法】アンダーヘア(陰毛)の白髪は意外と目立っている

剃るたびに毛が濃くなる!?

他にも産毛を剃るにあたり注意したいのは肌刺激。

 

顔の皮膚は体より薄くカミソリ負けもしやすい所なので、その後のスキンケアやメイクも刺激になってしまう場合もあります。

 

また、頻繁に剃ることで必要な角質まで剃ってしまい、それを続けることで皮膚が固くなってしまうのです。

 

もう1つ、肌問題というよりは産毛が濃くなったように見えるということです。

 

毛を剃ると断面が平にになり、それが伸びるので濃くなった印象を与えてしまい、その繰り返しになってしまいがちです・・・

ココがポイント

●毛が濃くなるというよりは、濃くなったように見えるということ。
●剃る回数はできるだけ少なく

産毛を剃るメリット

顔には鼻の下だけでなく全体に毛が生えているものです。

 

そんな顔の産毛をそるメリットを紹介します。

 

1つ目は化粧ノリが良くなるということ!!

 

産毛があるとファンデーションが産毛に絡まってしまい、どうしても仕上がりがキレイにできあがりにくいです。

 

その産毛がなくなれば 当然仕上がりがキレイになりますし、化粧もしやすくなります。

 

2つ目は顔が明るくなる!

 

産毛1本1本は薄くても集まると濃く見え、顔をくすませていました。

 

その産毛を剃ることで くすみをとり肌を明るく見せることができます。

 

この2つが顔の産毛をそる大きなメリットです!

ココがポイント

●産毛をそるメリットとしては肌の機能性というよりも見た目という面でのメリットが多いです

デメリットが多い

では逆にデメリットはなんでしょう。

 

1つ目は紫外線。

 

産毛があることにより紫外線の影響をダイレクトに受けずにやわらげていたのです。

 

紫外線は言わずと知れた肌老化の大敵。産毛が肌老化を遅めてくれていました。

 

2つ目は保湿効果です。

 

産毛が肌の水分蒸発を緩やかにしてくれて乾燥をしにくくしてくれています。

 

体の毛は いわゆるムダ毛といわれていますよね。

 

全身の毛は元々保湿などの役割があったといわれていますが、今では服で温めることができるのでムダ毛といわれています。

 

ですが、産毛は先程 説明した通り肌を守ってくれるためムダ毛とは言えないのです。

ココがポイント

●産毛をそることによって、肌はさらけだした状態に!
●産毛は肌を守ってくれる、けっしてムダ毛ではありません

顔の脱毛も お勧め

モモ
毛が気になっている人は脱毛もお勧めよ。シェービングを毎日するのは肌の負担が大きいの。
脱毛には美肌効果もあるからお肌もツルツルになるの。
コボ

どうしても顔の毛が気になる!という方は剃り続けて肌負担を与えるのではなく光脱毛をおススメします。

 

中学生は まだ受けることができないかもしれませんが高校生になればできるサロンも増えてきます。

 

そもそも産毛は1~2ヶ月で生え変わると言われています。

 

その周期に合わせて顔脱毛をしてる方も多いのではないでしょうか。

 

顔脱毛をすれば頻繁に剃らずにすみますが、産毛は薄いので体よりも回数はどうしてもかかってしまいます。

 

また、肌トラブルや赤みも出やすかったり、やけどの危険もないとは言えません。

 

ただ脱毛機によっては光を当てることにより肌がキレイになるというものもあるので、脱毛をするのであれば肌の状態、サロンの方と相談しながらやりましょう。

ココがポイント

●産毛がないことで肌は乾燥しやすいと言われています。
●そこに熱を加えると より乾燥するため保湿はたっぷりと!

産毛を剃るなら生理中は避けて!

これまでお伝えしたように、顔の産毛は肌を守る機能を になっているため、剃ることによりデメリットが発生するかもしれません。

 

ですが化粧ノリが良くなったりスキンケアがしやすいといったメリットがあるのも事実です。

 

なので もし産毛を剃るのであればクリームや乳液で保湿をしてから毛流れにそって 剃るようにしてください。

 

また、生理中や生理前は肌が敏感になりやすく、肌荒れもしやすくなるため避けるなど肌負担を減らしましょう。

ココがポイント

●産毛は本来 そらなくてもいいもの
●それを剃るならできるだけ肌負担を減らして!

【乳輪周りの毛】正しい処理をしないと起こるトラブルとは

インスタグラムもチェックしてね


-自己処理方法

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.