目のたるみ

スマホが原因で目の下がたるむ 【若い子でも老化が進む理由】

更新日:

目の下のたるみの原因と対策

目の下がたるむ原因は様々でその原因を知れば ある程度の予防が可能です。

加齢のみならず、体質骨格などが原因の場合もあります。自分のたるみの原因を理解し改善をしていきましょう。

最近はスマホやパソコンと長時間 使用する若者も増えています。すると知らぬ間に目の下がたるんでいる場合もあります。

今はたるみも気にならないという方でも、数年経つと目の下がたるみ やすくなるというのは若いころの生活習慣やスキンケアに関係してきます。

老化が原因

まず最初考えられるのが老化です。加齢と共に筋力が低下し顔の筋肉が低下するため顔全体の筋肉も下がります。

また加齢により目の下の皮膚の弾力性が低下することもあります。その為、筋肉のある若い時から目の筋肉を鍛えたりしっかりと開閉させることを意識してください。

目の周りの眼輪筋が弱くなり顔の内側にある脂肪が飛び出してきてしまいます。

眼輪筋が弱くなるのは加齢だけではなく、紫外線や叩くなどの刺激によっても弱ってきます。

スマホが原因!目元の筋肉使えてない

長時間のスマホやパソコン操作でまばたきの回数が少なくなったり浅くなったりしていませんか。

筋肉は年齢関係なく鍛え続けることができます。

そして、おでこにシワができる人は目元の筋肉ではなく、おでこの筋肉で目を開けている可能性もあります。

おでこの筋肉で目を開いているということは目の周りの筋肉自体は使っておらず知らぬ間に衰えています。

 

紫外線が原因でコラーゲンが減少

実は目の周りには沢山のコラーゲンが存在しています。このコラーゲンは紫外線によって破壊されてしまうことがわかっています。

体内で作られるコラーゲンの量は40歳過ぎで半分にまで減少すると言われています。

つまり年を取るごとにコラーゲンやエラスチンなどの弾力に必要な成分を増やさなければなりません。

若いから大丈夫と言っていると年々コラーゲンは減少し目の下のたるみが10年後20年後できやすくなります。若い子ほど紫外線対策をしっかりとケアをすることをおすすめします。

触りすぎ、マッサージのやりすぎで目の下がたるむ

なんとかしたい!どうにかしたい!と毎日マッサージを頑張ってみたり、ごまかすためにコンシーラーやファンデーションを厚塗りしていませんか。

皮膚が伸びてしまったり、その摩擦で筋肉を傷つけていたり化粧品の油分で皮膚の細胞にダメージを与えている可能性もあります。

油分が多い化粧品の中にイソパラフィンというものが含まれます。

分子量の小さな子の物質は一般的な油剤として使われます。これが皮膚に絡みつき、その重さで目が下がってくるのです。

高校生も【顔のたるみ】は起こる!?簡単たるみの改善方法

続きを見る

小顔エステで実際にやっている【効果のある】マッサージで小顔へ

続きを見る

日本人の体質が原因?

体の中でも大切な機関である目を守るために目の周りには脂肪がついています。

体の脂肪のつき方が人によって違うように目の周りの脂肪量も人によって違います。特に寒い地方で暮らす民族は目の周りの脂肪が多いようです。

しかし寒さから目を守れるように皮膚も厚いので目の下のたるみは目立ちません。日本人は目の下のたるみが目立ちやすい人種なのかもしれません。

日本人の目の下の皮膚が薄いのは南方民族の遺伝子も引き継いでいるといわれています。

もともと目の下の皮膚が薄くて目の周りの脂肪が多いため目としたの弛みが目立ちやすいのは日本人に起きやすい体質ともいえます。

もともとの体質にさらに,たるませる生活を送っていてはその老化はさらに加速する一方です。

老化は何十年もの積み重ねで起こる

タルミ、しみ、しわすべてのことに言えますがそうなってしまってからでは遅いと考えてください。

皆さんトラブルがではじめてからスキンケアを頑張ったりクリニックに通ったりエステに通ったりと努力を始めますが一度起こってしまったものを改善させるのは難しくなります。

それであれば早めの段階から目の下がたるまないように20代から意識をするのです。

それができれば間違ったことの毎日の積み重ねがなくなる為、老化のスピードは一気に遅くなります。

目のたるみを無くす為に気を付けておきたい事

まず摩擦を一切なくすことです。目の下の皮膚は薄くほかの部分とは細胞が違います。

メイクをするときの摩擦やタオルでこするなどの摩擦は抑えましょう。そういった日々の行動でたるみます。

目元は特にスキンケアなどでも化粧水やクリームなど塗り残しになる部分です。

特にトラブルがないからといって意識せずにスキンケアを行っていると乾燥などから老化は進みます。

外からスキンケアや刺激を防いだ後は中からのお手入れです。

目を開けるときはおでこで開けるのではなく目の筋肉を使いましょう。身体と同じように筋肉トレーニングをすることで中から皮膚を持ち上げる力を付けます。

少しの意識や毎日の積み重ねでお顔は変わります。目の下がたるまないように今から努力を始めてください。

インスタグラムもチェックしてね


-目のたるみ

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.