食事

食べて痩せるがダイエット成功の秘訣【ずっと綺麗でいたいなら食事を楽しむ】

更新日:

食事と上手く付き合えばダイエット成功になる

ダイエットをしている方の多くはまず1番に食事制限を行う傾向にあります。

確かに運動をするよりも食事制限をする方が食べなければ済むので簡単に思えるでしょう。

そして食べなければ順調に体重はある程度までは落ちていきます。運動は時間が経たないと体重の変化や体型の変化は見込めません。

そのため辛く挫折してしまう方が多いと考えられます。人間は結果の出ないことを長く続けることは難しく効果が見られれば多少の辛いことも続けることができます。

食べないダイエットはスルスルと体重が落ちるため多少辛くても続けることができるのです。

しかし、長い目で見たときに食事制限のダイエットでは限界があるのは想像がつきます。

食事制限のダイエット方法は間違ったやり方をすると100%リバウンドをします。

筋肉はドンドン落ち脂肪が燃焼されにくい体になる為ある程度、体重が落ちたらそこから減りにくくなりそして食事をもとに戻せば一瞬にして元の体重に戻ります。

元の体重に戻るどころか食事制限ダイエットにより筋肉が落ちているため代謝が低くなり脂肪の消費力も低下しているため太ってしまうことにもつながってしまうのです。

【食事制限】すぐに痩せるダイエットは最終的に太る

続きを見る

食べて痩せるを実行する

食事とは一生付き合っていくものです。ずっとダイエットの為の食事をしていては食べることを楽しむことはできません。

楽しく明るい生活をし、綺麗でいる為にもしっかりと食べダイエットを成功させましょう。

血糖値の上がり方で太るかが決まる

あまりにも偏っている ファストフードや 炭水化物 や 揚げ物を沢山食べるという方は食事の内容を見直さなければダイエットを成功させることはできません。食べる量や内容を見直すことはもちろんですが、さらに大切なのが食べ方にあります。

人間の脳は食事を始めると

【血液中のブドウ糖が増えて、血糖値が上昇します→20分後に食欲を止める満腹中枢が働き、(この時点で、お腹がいっぱいでも少量でも20分経過しないと指令が出ない)→お腹いっぱいだから、もう食べなくていい】

このように20分過ぎてやっと脳に指令が届く為、食べるのが早い方や良く噛まない食生活をしていると、20分後には食べ過ぎの状態です。

血糖値が急に上昇するのを防ぐ

血糖値の上昇で太りやすくなります。

お腹いっぱいのまま寝てしまうのは血糖値が上がったままなので危険です。

その血糖値を緩やかに上げてくれるのが野菜や果物などの酵素です。

血糖値を緩やかに上げるダイエット中の食事の順番は
①野菜
②肉や魚のメイン
③汁物
④炭水化物

一口ずつ順番にゆっくり食べます。

30回噛んで食事をすると痩せポッコリお腹 解消!

例えば、おにぎり1つを5分かけて食べる速さ。身体の消化や吸収に負担がかからないのが1口で30回がいいと言われており、ダイエットする方は50回とも言われています。

噛みすぎることでエラの筋肉の発達で顔が大きくなることもあるので注意しましょう。

顔が四角に見えるのはエラのコリが原因

続きを見る

良く噛む事で消化もよくなり、腹持ちもよくなります。

胃の周りに脂肪が付くことも抑えられるので、下腹部や腰周りがスッキリしてくるのを実感できるはずです。

逆によく噛まないと、食べたものを消化する事にエネルギーが使われ、脂肪を燃やすのは後回しになってしまい、なかなか身体についた脂肪が燃焼されなくなりますので、食事は時間をかけてゆっくり味わいましょう。

噛んでいられずにすぐに飲み込んでしまうなら

1口30回と言えば食事にかなりの時間がかかります。

でもそれは慣れるまでの話で、ゆっくり噛んで食事をする習慣が身につけばダイエット成功後もリバウンドしない身体が永遠に手に入るのです。

なかなか噛んでいられないと諦めモードの方は、ゴボウや人参、レンコンなどの根野菜がおすすめです。

食物繊維も豊富でビタミンも取れ、便秘解消までしてくれる食品です。

噛まなければ飲み込めないため、無意識によく噛んでいるはずです。
煮物や味噌汁、キンピラなどの炒め物で、よく噛む習慣を身につけてみて下さい。

インスタグラムもチェックしてね


-食事

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.