お悩み改善メイク

40代50代【写真写りが悪い】という悩み解消!女優肌で「写真映え」する方法

更新日:

若いうちはいいけれど・・・

 

年々歳を重ねるにつれて写真に自分の顔を映すのは嫌と避けてしまいがちではないでしょうか。

 

旅行に行っても極力 写らないようにしたり、同窓会の記念写真に写るのにできるだけ後ろで写ったりと避けてしまう気持ちはよくわかります。

 

何故 年々そんな風になってしまうのか・・・それはお肌の変化の影響が大きいのです。

 

顔はたるみ くすみ さらに思うように笑うことができず口角は下がったまま。

 

そんな状態で写真に写ると負のオーラ―全開で疲れきった表情に見えてしまうのです。

 

動画なら まだわかりづらいかもしれませんが、写真のような静止画は一瞬を撮影するためそれがより強調されてしまうのです。

写真写りがイイお肌

モモ
写真に写るなら美しくキレイに写りたいわよね。
歳を重ねるごとに写真に写るのが嫌になってくるよね!
コボ

写真映りのいい綺麗な肌とは?と聞かれたら、どんなお肌を思い浮かべますか?

 

艶があり潤いのある肌、キメの細かい肌、色が白くモチモチとしている肌・・・もちろんシミやシワ、ニキビがなければ綺麗な肌とも言えます。

 

肌が綺麗だと年齢よりも若く美しく見えて、写真映りもよくなるのです。

 

せっかく可愛い顔をしているのに写真に写ると暗く見えてしまうという方はもしかすると自分のベースになっている お肌が衰退している可能性もあります。

 

しっかりと光を集められる艶肌を目指し自然な美しさを出していきましょう。

 

写真映りが良くなる小顔マッサージやポイントもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

ココがポイント

●艶のあるキメ細かい肌で、たくさんの思い出を写真に残しましょう!

たるみを隠すメイク方法【開いた毛穴 目の下のたるみ】40代50代必見!

顔の表情を豊かにするのが大切

モモ
どんなにメイクを頑張っても表情が暗ければ意味がないわよ。顔の中から持ち上げて表情を豊かにしていく必要があるの。
ドンドン顔の筋肉を使わなくなり顔が下がってきてしまうからね・・
コボ

姿勢の悪さもキメの天敵であるシワやたるみを作る原因です。

 

肩や首が凝っていたり、猫背という姿勢の悪さがお顔のたるみやシワを作ってしまっているのです。

 

それだけではありません、バストやヒップは下がり、お腹にはたくさんの脂肪がつき始め、恐ろしいことに、よく言われる【おばさん体型】に近づいていくのです。

 

姿勢がよくなると血行が良くなり、顔色もくすみも改善されますから、お風呂から出たら軽くストレッチをして、今の体型をキープしましょう。

 

背中や肩の筋肉がほぐれるだけでも ほうれい線や たるみの改善になります。

 

腕を大きく後ろへ回したり、天井に向かってめい一杯伸ばすと血行が良くなり、栄養や酸素が行き渡りやすくなる事でシワを防げます。

ココがポイント

●ストレッチは毎日の積み重ねが大切!

顔の筋肉を動かして表情豊かに見せること

写真に写りたくなくなる原因の一つに顔の表情があります。

 

猫背になることで 顔の筋肉も凝り 固まり 顔の表情が暗くなってしまいます。

 

自分では口角を上げてにっこり笑っているつもりでも口角が下がり怒って見えてしまったり、無表情や引きつり笑いなど・・・

 

決して明るい表情とは言えなくなってしまうのが現状です。

 

そんな状態を打破するために お勧めなのが顔の凝り固まった筋肉を動かす【顔ヨガ】です。

 

日頃から顔の筋肉を動かすことで顔の筋肉も上がり明るいお顔をつくることができるのです。

 

口角が上がり笑顔になるだけではなく目もパチッと開き可愛く写真に写れること間違いなしでしょう!

ココがポイント

●内側から生き生きとした表情づくり

●笑顔で写ればある程度の肌トラブルもカバー

写真写りを良くする肌

ただ写真写りを良くすると言っても、バッチリメイクやポーズ、上目遣いで写真を撮るのではありません。

 

肌そのものを変えていく事で 写真映りが断然 良くなる様にするのです。

 

テレビでは、よく女優ライトと呼ばれる物があり、下からお顔にライトを当てる事で毛穴を飛ばして肌を綺麗に見せる方法がとられています。

 

今では携帯でも撮った写真に光を入れて、明るくできるのと同じで、艶を出して肌を綺麗に見せるのです。

 

艶は写真映りにはなくてはならないものです。

 

艶さえあれば綺麗に見せることができるのです!

ココがポイント

●女優ライトのない私達は、お肌自体に艶を作って肌を綺麗に見せましょう!

写真映りに必要なツヤを作る洗顔方法

毛穴をキュッと引き締める毛穴ケア

ツヤを出す方法は、毛穴の開きの改善です。

 

毛穴ケアでキメが細かくなり、たるみやシワの改善にもなり、肌がとても綺麗な状態になりますから、まずはクレンジングでしっかりとメイク汚れを取り除きましょう。

 

1〜2分で終わらせるのがベストです。

 

洗い流す時は擦らず、ぬるめのお湯を手ですくい、お顔を優しく包みます。

 

何度か包みながらクレンジングを洗い流した後は、しっかり泡立てた洗顔料をお肌の上へフワフワと乗せる様に置き、そのままこすらずに30秒待ちます。

 

お風呂に入っている時にクレンジングや洗顔をする時は、シャワーを直接顔へ当てて洗い流さないようにしましょう。

 

刺激が強すぎてお肌をたるませ、毛穴を開かせる原因です。

 

洗面器にお湯を入れて、クレンジングの時同様、優しくお顔を包み込んで洗い流しましょう。

 

そして、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番にお肌にのせていきます。

 

口の周りの皮脂腺はもともと少ないのと、年齢と共に皮脂の分泌量も少なくなるので乾燥しやすいのです。

 

口周りのシワや、ほうれい線が目立つだけで年齢よりも老けて見えがちなので、しっかりと美容液やクリームで保湿をしていきましょう。

洗顔方法を見直して、毛穴レスなお肌を目指しましょう!

毛穴の開きを改善しましょう。

乾燥しきってカラカラに乾いている年齢肌は必要以上に毛穴が開いています。

 

そこに加えて肌がたるんでいると、毛穴も一緒にたるみ、毛穴が大きく下へ下がる状態になるので余計に目立ってしまうのです。

 

毛穴が小さくなるだけでメイクのノリも良くなり、キメが細かくなりますから、引き締まったお肌を目指すためには毛穴ケアはとても大切です。

ココがポイント

●乾燥肌は全ての肌トラブルの原因です。しっかりと保湿しましょう!

毛穴キュッと小顔マッサージ方法

モモ
マッサージは強くしてはいけないわよ。優しくゆっくりリンパを流すことで効果を実感できるわ。
頑張ってマッサージをしてキュッと引きあがった顔で写真に写りたいものだね!
コボ

マッサージ方法はネットや雑誌などで たびたび 取り上げられていますので、自分でされている方が多くいらっしゃいます。

 

力を入れすぎない様に優しくできていれば問題ありませんが、頬骨を高い位置に持っていくようにマッサージしていきましょう!

 

順番やアドバイスが書かれていてもなかなか上手くいかない方はぜひ試してみてください!

毛穴レスマッサージ

顎先から耳の下へクルクルと円を描く様にフェイスラインをマッサージしていきます。

 

顔の中央から外側へ流す、又は外側へ開く様に力を入れるのではなく、お顔の中央へ向けてクルクルとマッサージしていきます。

 

顎先から耳たぶ、口角から耳の穴、小鼻からこめかみへ向かうラインです。

 

全てのラインを外側へ開くのではなく、内側へ向けるように流してみてください。

 

そうすると、むくみが取れて、たるんでいた肌が内側に入る事で小顔効果がアップし、頬の位置や口角が上がるので毛穴も小さく目立たなくなります。

 

乾燥がそれ程気にならなければ、リフトアップ効果の高いクリームでも大丈夫です。毛穴は小さく閉じていきます!

 

それぞれのラインのクルクルマッサージは、3回づつで行います。

 

回数をやりすぎたり、力を入れすぎると逆に たるんでしまいますので、気持ちのいい程度にしておきましょう。

 

頬を上げる事を意識してマッサージしてみましょう!

目をパッチリ大きく見せるマッサージ【メイクではなく土台から大きくする】

ココがポイント

●優しくゆっくり撫でようにマッサージ

●血行が良くなると水分量が上がり毛穴がキュッとしまる

プルプル唇で若さアップ

肌のターンオーバーの周期が28日間なのに対して、唇は7日間という早い周期で角質が生まれ変わっていきます。

 

その分、唇の皮は薄くできていて、紫外線やタバコ、コーヒーなどの刺好物で刺激を直接受けてしまいます。

 

ティッシュで唇を拭くときやクレンジングなどの力加減には充分気をつけましょう。

 

シワシワな唇よりもプルプルな唇の方が魅力的ですし、若々しく見えます。

 

最近の商品では、塗るだけで唇をボリュームアップ!というグロスが販売されています。

 

トウガラシエキスなどの配合により、わざと唇を腫れさせるという目的ですから、唇への刺激はとても強く、炎症させている状態です。

 

口紅でツヤや華やかさが出ないのであれば、艶を出すだけのグロスを上手く利用してみましょう!

ココがポイント

●寝る前は、唇にも美容液やクリームを塗ると朝にはプルプル唇に!

老けて見えない写真写り

写真には年齢よりも老けて見える事から、ある程度の年齢になると写真に写りたくなくなるものです。

 

写真を撮る前日に準備をしても効果はあまり発揮できません。

 

早めの段階から意識をして顔をつくっていきましょう。

 

いつ写真に映ってもいい様に、今日からのクレンジングやマッサージ方法を見直し、艶肌で、旅行やイベント、同窓会などのたくさんの楽しい思い出を写真に残しましょう。

【誰よりも可愛く写真に写る方法】小顔 メイク 服装選び のコツ!

こちらの記事もチェック


インスタグラムもチェックしてね


-お悩み改善メイク

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.