お悩み改善メイク

看護師さんはチェック!マスクでメイクが落ちるのを防ぐ方法 

更新日:

崩れにくくするにはとにかく薄く

最近では風邪予防だけではなく、スッピンを隠すためにマスクを使う方も沢山増えてきています。

 

マスクも様々な色が登場したりおしゃれな柄が付いていたりと様々な工夫がされています。

 

ただ ここで大きな問題が・・・それはマスクによる化粧崩れです。

 

そもそもスッピン隠しであれば問題ないですがどうしても仕事でメイクをしなければいけない方や、花粉症や風邪予防でマスクをつけたいという方は本当に嫌で毎回メイクを直すのは嫌でしょう。

ココがポイント

●花粉症や風邪予防でマスクをつける方はメイク直しが大変

そもそもなぜメイクがよれてしまうのでしょうか

その理由はマスクが当たることによる摩擦と呼吸による湿気によるものです。

 

メイクをよれなくする方法!それはメイクをできる限り薄くすることです。

 

土台ベースメイクが大切

モモ
そもそもファンデーションでニキビやシミをカバーしよーとしているのが間違っているの
厚塗りしているからよれてしまうってことなんだね!
コボ

マスクをつける場合のメイクで一番薄くしたい工程はもちろんファンデーション。

 

トラブルがあってカバーしたいから薄くなんてできません!という方はそもそも隠し方が間違っています。

 

隠す場合はポイントで隠します。コントロールカラーを使ったりコンシーラーを使ったり。

 

ファンデーションをか全体にべっとり塗るのが一番 厚化粧に見え、メイクよれを起こしてしまう原因になっているのです。

 

パウダーファンデーションだと崩れやすいので密着性の高い【リキッドタイプ】を使いましょう。

 

そのリキッドファンデーションを下地を塗った後に薄く塗ります。

 

次にニキビやクマシミなどのトラブル肌にコンシーラーやコントロールカラーをのせ部分的に隠します。

 

その後メイクスポンジなどで全体をなじませ境目ができないようにしましょう。

 

他にも蒸れて崩れやすい鼻 口回りの部分には【皮脂や汗を抑える化粧下地】を選ぶのが良いでしょう。

 

そういった化粧下地にはテカリ防止効果があることが多い為1本持っていると すごく使えるアイテムです。

ココがポイント

●メイクはファンデーションではなくコンシーラーやコントロールカラーを使う

●できる限り薄いメイクを心がける

マスクをするならアイメイクが一番重要

マスクをつけるときに一番 重視したい部分が目元です。

 

なぜアイメイクが重要なのか・・メイク崩れからすると一番かけ離れているように思えますが、大切なのが見た目ということになります。

 

例えばモノマネメイクをされる有名人の方はマスクや手で口元をかくしていませんか?これは【人が眉毛と目元で印象を大きく変えられる】からです。

 

人は隠れている部分を自分の勝手なイメージで補おうとする働きを持っています。

モモ
確かに目元は一番見られる部分よね。
男の人も女性の目元はよく見て気にする部分みたいだよ
コボ

そして身体でも同じことが言えます。

 

例えばお腹が凄く大きく太っていた としても 小顔で 手首や 足首が キュッ としまっていてその部分が見えていたとすれば、人は勝手に身体の見えたいない部分も細いのだろうと錯覚を起こします。

 

それと同じようにマスクをしている時は目元や眉毛の印象で美人にもブサイクにもなってしまうというわけです。

 

なのでマスクしているときにも可愛く入れるように目元のメイクは丁寧に行いましょう。

最近「目が小さくなった」と感じる方へ!理由と対策を大公開。
アイプチで目の皮膚が伸びる??たるんだ 【まぶた】になる危険!

クリームシャドウは使い方が大切

目元の印象も大切なのはわかっていただけたと思いますが、その目元のメイクが崩れると大変なことになります。

 

マスクをしていると意外と湿気が上まで 上がり目の下のシャドウが崩れてしまいがちです。

 

アイメイクが崩れると目の下の クマがひどくなったように見えたり真っ黒な目元の印象になったりもします。

 

そこで大切なのがシャドウのつけ方です。粉のシャドウだけではなく うっすらとベージュのクリームシャドウをのせましょう。

 

そしてその上からパウダーのシャドウをのせるのです。こうすることによってメイクよれは一気に解消されます。

 

逆にクリームシャドウがいいのか!とそれだけでメイクをしてしまうと より湿気でよれやすくなってしまうのです。

 

クリームシャドウを使う時は真っ白や茶色を使うのではなくベージュなどの肌馴染みのいい色を選ぶことをお勧めします。

ココがポイント

●クリームシャドウとパウダーシャドウを重ね塗り

●クリームシャドウは肌馴染みの良いベージュをチョイス

崩れやすいチークもW使い!

モモ
チークはマスクに擦れて一番落ちやすい部分よね
チークもクリームをベースに使うと崩れにくくなるんだね!
コボ

そして一番マスクに当たることが多く崩れやすいのがチークです。

 

頬の高い部分でもある 摩擦により落ちやすくなってしまいます。

 

一部分だけ擦れて落ちて線になってしまったこともあるのではないでしょうか。

 

そんなチークもクリームチークでベースを整え上からパウダーチークをのせましょう。

 

クリームチークを叩き込むように塗ります。

 

密着度を高めその上からパウダーチークをのせることで、マスクとクリームチークのクッションのような役割を果たしてくれるため色が落ちにくくなるというわけです。

 

もっているパウダーチークがダブル使いすると濃くなってしまうようであればルースパウダーやフィッシングパウダーを使うことをお勧めします。

メイクが落ちにくいマスク

今では3次元マスク【メイクが落ちにくいマスク】というのが販売されています。

メイクの落ちにくいプロテクト加工がされているため よれることを防いでくれています。

立体的になっていたり女性用につくられているため小さめでフィットしずれて肌に擦れにくいものになっているというわけです。

ココがポイント

●どうしてもメイクがよれるという方はメイクが落ちにくいマスクを

【マスク VS メイク】ニキビ肌に選ぶべきものはどっち?

 

 

インスタグラムもチェックしてね


-お悩み改善メイク

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.