乾燥 保湿

【冬のトラブル】冬は乾燥だけが大敵ではない!

更新日:

寒いから肌トラブルがでる

冬は乾燥する。これはもう当たり前のように耳にする普通のこと。だから皆が当たり前のように乾燥対策を一生懸命にしています。そのため高保湿クリームや美容オイルが飛ぶように売れるのです。

しかし実際は乾燥だけが冬の大敵ではありません。そもそも外気が寒いということが一番の問題になっているということを知っていますか。外気温が下がると 体温も下がり低体温になり、皮脂線や汗腺の機能が低下してしまいます。

肌代謝が弱まりターンオーバーもスムーズにいかなくなりますし、外的刺激に弱くなるためシミやニキビができやすくなってしまうのです。

夏のことを思い出していただければ良くわかると思います。夏は汗をかいたり皮脂が出たりと ベタベタするように感じるかもしれませんが、しっかりと皮脂の油分と汗腺からでる水で保湿することができています。そのため お肌の萎んだ感じもなく いつもパツッとしたハリを実感でき肌トーンも明るく感じていたのではないでしょうか。

夏と同じくらいニキビができやすい

お分かりの通り、外気が寒いと全身が冷えていきます。すると血行不良になると同時に血液が回らなくなり 肌に栄養が行き渡りにくくなってしまいます。するとニキビの治りが遅くなり老廃物が停滞するため次々と肌荒れがおこりやすくなるというわけです。

本来であれば 私たちの身体は寒くなれば なるほど自分自身で身体を燃やし代謝をあげる傾向にありますが、運動をしなければまったく意味がありません。

寒いときこそ運動をし 肌代謝をあげることで肌はドンドン キレイになっていく季節と言っても過言ではないでしょう。

ニキビを治す上で大切なこと

続きを見る

顔が大きくなりやすい

寒さと顔の大きさ何が関係あるのか と不思議に思うでしょう。それは筋肉のコリに関係しています。肩コリや首のコリなどは感じたことがあるが顔のコリってなに?と思うはずです。

顔にも表情を作る顔の筋肉が沢山あります。それが寒くなると肩こりがひどくなるのと同時に連動して顔の筋肉も凝り固まってくるのです。

すると皮膚を支えることができずに下がってしまう為 【シワ たるみ むくみ】 など様々なトラブルをまねきます。さらに寒いと無意識に歯を食い縛ったりすることもあるためエラが張ってくることもあり、顔がふっくら してくることにも繋がるため注意しましょう。

こんなときにおすすめなのが顔のストレッチです。筋肉をゆっくり伸ばすように顔を大きく動かしましょう。肌代謝もあがり肌も綺麗になり筋肉が柔らかくなるため中からキュッとお肌を持ち上げ上向きの肌になります。

【冬太り】寒いと 顔が大きくなる理由とは

続きを見る

小顔エステで実際にやっている【効果のある】マッサージで小顔へ

続きを見る

寒くてできた【かゆみ 赤み】ただの肌荒れではない!?

冬に肌がいきなり 赤くポツポツ かゆみ がでるとこはありませんか。冬と言えば乾燥。と思っている方が多い為 とにかく保湿をすればいいか。と高濃度保湿クリームを塗ったり美容液を塗ったりと いつも以上に保湿を強化しケアをしているかもしれません。

それは大きな間違いです。それどころか赤みが引かず かゆみが悪化し、よかれと思って行っていた保湿が悪影響をおよぼしていることさえあるのです。

もしかしたら、それは【寒冷蕁麻疹】かもしれません。冷たい風が刺激になり冷風に当たりやすい 頬や手 に出やすいといわれています。その反対の【温熱蕁麻疹】といわれるものもあり寒暖差などによって 赤みや かゆみが出たりすることもあります。

そんな状態で保湿を続けてしまうと かゆみが悪化してしまうケースもあり、乾燥からきていると思い込んでいるわけですからいつも以上にスキンケア用品を塗ったり 高濃度クリームなどの栄養分が刺激になること さえあるのです。

そんな場合は、まず濡れたタオルで冷やし シンプルな保湿ケア をし外気から肌を守るようにする必要があります。痒みがあるからといって かいてしまうと色素沈着になったり赤みが引かないなどのトラブルにもなりかねませんので一度 病院に相談することをお勧めします。

唇の乾燥もひどくなる

ほかにも 冬になると唇も乾燥しガサガサに乾燥し可愛さが半減。そんな経験 誰しもが あるでしょう。可愛い口紅を塗っても乾燥し荒れている唇は魅力が全くありません。

なぜ唇がこのように乾燥するかというと 唇の皮膚は 粘膜のように表面が薄く水分を蓄えてくれる角質層という部分も薄いのが原因です。

そのため少しの外気の刺激や紫外線などで乾燥し ひび割れてしまうということです。リップクリームを持ち歩くのは当然。塗り方もポンポンと表面を擦ることなく優しく塗っ手てあげてください。

夜はワセリンや はちみつ などを塗りラップをして時間を置くことで潤いがよみがえります。

冬は寒くなり肌トラブルが非常に出やすい時期になります。原因がわかれば対策も打ちやすい はずです。乾燥ばかりを意識し過ぎずにほかのトラブルにも目をむけ対策を打ちましょう。

中高生の悩み【小顔にしたい!】顔が大きくなる理由

続きを見る

インスタグラムもチェックしてね


-乾燥 保湿

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.