クリニック サロンケア

家庭用HIFU【ハイフ】効果は?危険じゃないの?

更新日:

家庭用ハイフがある!?

今 美容の分野で注目の【ハイフ】。クリニックやエステサロンでイチオシのマシンです。

 

以外と知られていないのがハイフに家庭用があるということ。家庭用なら家で簡単にできるし わざわざサロンにいかなくても手軽にできるからいい!と誰もが思うことでしょう。

 

結論から お話しするとクリニック、エステサロンと家庭用では効果に大きな違いがあります。そして安全性の面に置いても家庭用はおすすめできません。

ココがポイント

●家庭用 と サロン用では効果も安全性も全くことなる。

ハイフを使うには経験、知識が必要

モモ
ハイフは 美容機器の中でも出力が高いものなの。
何も考えずにやって お肌を傷つけたら大変だ!
コボ

そもそもハイフとは【高密度超音波】の略です。皮膚の下の一点に超音波を集め 照射し熱エネルギーを与えるもの。

 

熱エネルギーを与えられた脂肪細胞は体内で異物とされ1ヶ月かけて排泄され サイズダウン をしていくというものです。

 

さらに身体だけではなく顔にも有効で筋肉の膜に到達し、熱を与えることでキュッと引き締めてくれるため たるみ予防 や改善に効果のある機械になります。

 

熱を加えるのが表面ではなく、深い部分に強い熱を与えるため神経や血管を傷つけることのないように経験と知識が必要になります。

 

そして照射の やり方によって効果が変わります。

HIFU(ハイフ)を当てても効果の出ない脂肪がある!【効果的な施術法とは】

 

骨や筋肉のある痛みの強い部分や引き上げによっても感じかたや、効果が変わるためしっかりとした知識をもってはじめることをおすすめします。

ココがポイント

 ●真皮にまで届けるため一点集中の熱照射。
●経験や知識が とても重要

最新美容機器HIFU【ハイフ】で小顔 タルミ顔 リフトアップ

家庭用ハイフのメリット

家庭用ハイフは美容クリニックやエステサロンでかかる高額な費用が一度購入すれば 何もかからず自宅でいつでも リフトアップ効果 が狙えます。

 

家庭用脱毛機や美顔器と同じような感覚で ネット通販 などで手に入りますし、購入の際も資格や研修を受ける必要もないため始めやすいでしょう。

 

金額もクリニックでは一回5万~10万以上。エステサロンでも2万円ほどするハイフが1台2万円~10万円でかえるのは安く感じるのは言うまでもありません。

 

金額面では確かにクリニックやエステサロンに通うよりも安く通えるのはわかっていただけたと思います。

 

しかし、安くても効果がなければ意味がありません。

 

基本的に機器にもよりますがエステサロンだと初めは月1回がベスト、クリニックだと半年から1年は効果が持つと言われています。

 

家庭用はその点どうなのでしょうか?

ココがポイント

●自宅用のハイフはコスパが良い
●エステやクリニックは金額も高いが効果も高い

家庭用とサロン用は もはや別物!

モモ
家庭用とサロン用は全く違うものなのよ。
家庭用は表面で、サロン用は深い部分にも届くってことなんだね!
コボ

家庭用のハイフは誰でも使えるように出力が低くなっています。むしろ高密度超音波ではなくラジオ派の原理を使用した使用したものあるようです。

 

家庭用ハイフでは筋膜に到達するかはわかりません。表面にアプローチをかけるくらいのレベルといってもいいでしょう。

 

そして、家庭用のハイフは毎日使っても問題がないものもあります。逆に言うと毎日使っても肌に問題のないくらい レベルが低い ということです。

 

肌の表面のケアであれば効果がある かもしれませんが筋膜からの内側からのリフトアップは期待しないほうがいいでしょう。

ココがポイント

●家庭用は毎日~週一の頻度でやっても良い
●家庭用は表面へ、サロン用は筋膜にアプローチ
●サロン用は中からキュッとリフトアップ

体感の違いがある

クリニックでは麻酔をして行うほどのレベルですし、エステサロンでも表面というよりは深い部分の筋肉に響いたり骨に近い部分だと骨に鈍痛がきます。

 

表面が熱いというよりも体感も肌の奥に痛みを感じるイメージです。

 

家庭用のハイフを使用した人は熱く感じるといった口コミもあります。それは恐らく表面に熱が加わっているからなのではないかと思います。

HIFU(ハイフ)を当てても効果の出ない脂肪がある!【効果的な施術法とは】

後悔することのないように

モモ
ハイフをサロンで当てるのには禁忌事項が沢山あるの。
だからちゃんと知識をつけてからじゃないと危ないんだ!
コボ

熱いからきいているきがすると安易な考えはやめましょう。注意事項を読まずに自分の感覚で行うとお肌に異常をきたしてしまう可能性もあります。

 

敏感肌やアトピーのかたは悪化する危険や赤みが出る危険もありますし、シリコン ヒアルロン酸コラーゲンを注入しているかたは特に注意が必要です。

 

サロンではこういった方はお断りさせていただいております。出力が弱いからと油断せずにしっかりと説明書を読みそれにそって行いましょう。

若い世代こそハイフを!

このようにクリニックやエステサロンと家庭用ハイフでは効果も安全性も違いがあることは明白です。

 

もし購入を考えているかたが いらっしゃれば しっかりとした知識と注意事項をよくよんで使いましょう。

 

たるみを改善したい。小顔にしたいと悩んでいるのであればエステサロンにいくことをおすすめします。

 

エステサロンであればハイフと一緒にフェイシャルマッサージなどもしてくれるためより上がりやすく、むくみがとれ小顔になることは想像がつくでしょう。

 

たるみ に悩んでいるけどメスをいれるような美容整形は怖い・・・と思っているかたも皮膚は切らずに傷跡も残らないのでお勧めです。

 

たるみは顔の表情筋の筋膜がゆるみでおこるもの。若いときは筋膜がピンと張って緩みが少ない状態です。

 

そこでハイフを当てるとたるみ予防にはかなり効果が期待できます。

 

小顔やたるみなど幅広い悩みに対応できるのがハイフの凄いところです。ぜひ一度サロンに行き試してみることをお勧めします。

ココがポイント

●たるみは早めにケアする方がいい
●小顔~たるみまで幅広く対応できるマシン

最新美容機器HIFU【ハイフ】で小顔 タルミ顔 リフトアップ
【HIFUハイフ】を体験した人の本当の口コミ

こちらの記事もチェック

インスタグラムもチェックしてね


-クリニック サロンケア

Copyright© new pinky , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.