間違ったダイエット

中学生・高校生の太る原因は?間違ったダイエット方法には要注意

更新日:

間違ったダイエットでリバウンドする

ダイエット中だから食べないと食事制限をしていると逆にリバウンドをして太ります。

中学生・高校生のような食べ盛りに食事制限のダイエットをした方は 多くの方がリバウントしており、成長期の無理なダイエットのせいで 将来も太りやすい体質 になってしまった などと後悔することも少なくないのです。

これからダイエットをしようと思っている方は間違った方法を行うことのないように今から太る原因を理解しましょう。

【食事制限】すぐに痩せるダイエットは最終的に太る

続きを見る

中学生・高校生が太る理由は思春期と関係している

誰しも 訪れるのが「思春期」です。女の子は女性らしい丸みのあるラインに、男の子は男らしい身体つきへとドンドン変化していきます。

ここで大切になるのが 女性ホルモンの増加です。この 女性ホルモン は女性らしい体型に変えていくホルモンですが逆に太りやすくなってしまうホルモンともいわれています。

どうしても子供をつくるため、お腹を守るためには脂肪をつけなくてはなりません。

この状況で太ったから といって食事制限をしてしまうことで必要な栄養が行きわたらず体調を崩してしまう場合もあるので注意してください。

食事制限をすることで必要な筋肉までもが なくなり脂肪が燃焼しにくい身体へと変わります。

むくみ・冷えが原因でおこる事が多い

中学生や高校生になると 家で食事すること以外に外食なども増えてくるでしょう。

友達と好きなものを食べに行くこともあるはずです。このような生活環境の変化によって塩分や糖分の摂取量が増え むくみを招くことになります。

制服のスカートも身体を冷やす原因となり、冷えからむくみが起こります。そこからセルライトが出来上がり太るというわけです。

他にも運動量の低下があげられます。

おそらく高校生にもなると部活をしている方 以外は運動量がガクッと落ちます。

その分むくみが溜まりやすくなり ため込みやすくなるのと同時に脂肪燃焼効果も落ちていくことになります

中学生 高校生は筋肉の低下とは無関係と思いがちですが、筋肉がついていても動かさなければ意味がありません。

筋肉運動のポンプでリンパが流れむくみを取っているので意識して動かすようにし冷えむくみを防止しましょう。

むくみ冷えの取り方を覚える

中高生のダイエット方法で効果的なのが、食事制限ではなくマッサージや冷え取りでむくみによる肥大化を防ぐことです。

マッサージでむくみを取るのはもちろん、ストレッチや足首を温めるなど少しのことをコツコツ積み重ねることで効果があらわれ 大人になってもキレイな体を手に入れることができます。

【脚のむくみがやばい!】ストレッチポールで筋肉をマッサージ

続きを見る

足の強いリンパマッサージは意味がない【簡単に効果の出るやり方】

続きを見る

ダイエット中の正しい食事量

食べ過ぎていてはさすがにマッサージをしていても痩せることはできません。

健康的なメリハリのある美ボディを目指す為の食事の取り方をお伝えします。

肌がボロボロになったり、リバウンドして今の体重よりも多くなってしまったりと、せっかくダイエットをして体重を落としても元に戻ってしまわないように、しっかりと栄養になるものを食べて、健康的にダイエットをしていきましょう。

食事の量の目安

タンパク質で筋肉をつけて痩せやすく

しっかり食べてほしい食品は筋肉や血液を作るタンパク質です。

肌のハリに必要なコラーゲンはタンパク質から作られる為、美肌作りにはとても大切な栄養素になります。朝は卵や納豆、昼と夜は肉や魚、豆腐を選び、食べるようにしましょう。

タンパク質が不足すると、筋肉量や体力、代謝が落ち、痩せにくく太りやすい身体になってしまいますので注意が必要です。

肉は食べても太らない

片手の手のひらに乗る量を肉では牛肉、ささみ、豚肉、魚ではいわし、鮭、イカなど。木綿豆腐や卵を3食のうち、それぞれの食事で2品づつ選んで摂取してください。

関連記事 Pickup
ダイエット中の焼き肉の食べ方

ビタミンミネラルで脂肪燃焼

そして、たっぷり食べたいのが食物繊維の野菜です。ダイエットには欠かせないビタミンやミネラルが豊富で、身体の調子や腸内環境を整え、肌、髪の毛、爪にハリやツヤを与える役割があります。

他にも脂質の代謝を高めたり、糖質の代謝を高める効果がある為、体に蓄えることを防ぐ効果があります。

1日に生野菜なら両手いっぱいの量。加熱後だと片手いっぱいの量が大体300~350グラムに相当します。

緑黄色野菜や淡色野菜、根野菜をたっぷり食べて、身体の調子を整えましょう。

炭水化物は食べないと体調不良に

糖質抜きダイエットなどで、1番避けられがちな炭水化物は、きちんと食べてほしい栄養素です。

米やパンなどの炭水化物は身体や 脳の唯一のエネルギー源で、身体の力になり、体温調節をします。

不足すると疲れやすくなったり、思考力や集中力の低下で1日ボーっとしたり、やる気が起きずダイエットどころではなくなってしまいますから、きちんと食べましょう。

炭水化物を食べると太りそうでイヤ、、であれば、朝と昼は白米にし 夜は控えるなどの調節をしましょう。

ご飯茶碗1杯と、食パン1枚、スパゲティやうどんなら片手にのる量なら毎食 食べても太ることはありません。

果物はギュッと 握ったこぶし1つ分が目安。リンゴやバナナは1/2つ、イチゴやキウイもこぶしを握った位の量にしておきましょう。

果物には果糖が含まれていますので、1日にどれか一種類選んで食べても太ることはありません。

おやつは我慢しすぎない

ダイエット中だからといっても、おやつがどうしてもやめられない方は、スナック菓子やミルクチョコレートといった油物ではなく、ドライフルーツやヨーグルト、ナッツ類など、普段の食事だけでは足りない栄養素を補う事を目的として選びましょう。

空腹感を満たしておけば夕飯を勢いよく食べすぎてしまうということがなくて済みますので、完食といっても太るという事ばかりではありません。

ダイエットを成功させる目的で少量口にしてみても罪悪感を感じることはないのです。

日々の食生活を見直し、健康的なボディラインを目指しましょう。

【モテる女子は小顔が多い!】顔が大きいと太って見える・・

続きを見る

こちらの記事もチェック


 

インスタグラムもチェックしてね


-間違ったダイエット

Copyright© new pinky , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.