食事

【ダイエット】酵素の効果はあるのか?ないのか?

更新日:

酵素ダイエットは効果があるのか

ダイエットに酵素を取り入れる と言うと、色々な商品がある中で、ドリンクや、サプリメントが代表的な品物ですよね。

ただ、ダイエットに効果のある酵素の何が身体の何処に効くのでしょうか。酵素は痩せるなど と流行っているため 言われるがまま摂取しているという方も多く見受けられます。

ダイエットの為にと酵素を取ることばかり考えてしまいがちですが、身体の中にも酵素は存在しています。

私達が生きていく上でとても大切な栄養成分で、酵素がなければ生きて行けない程の大事な働きをしています。
その酵素を積極的に摂る為の方法を紹介したいと思います。

そもそも 酵素ってなに?

酵素とは、五大栄養素と言われる炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの中のタンパク質の一つで、消化や分解、代謝の上昇、発酵、燃焼と、たくさんの仕事をしてくれる栄養素です。

今、発見されているだけでも、3.000種類以上あると言われ、それだけ沢山の酵素は それぞれ全てが それぞれの身体の為に働き、活動しています。

酵素とは野菜に多く含まれている成分ですが、フルーツや発酵食品からでも摂取する事ができる栄養素です。

ダイエットに効果的な酵素を食べたい

酵素を多く含む食品は、新鮮な肉や魚、野菜に多く含まれています。その食品に含まれている酵素の事を【食物酵素】と言います。

野菜では、レタス、人参、キュウリ、トマト、大根、キャベツなどに多く含まれており、普段の食卓に出る野菜ばかりなので食べやすく、毎日続けやすい食品です。

生野菜として食べられるものばかりですから、できるだけ加熱しないで、ぜひそのまま 生の状態で食べる事をおすすめします。

フルーツでは、りんごやバナナ、キウイなどが挙げられますし、発酵食品では味噌や醤油、豆腐やキムチ。海藻にも酵素は含まれています。

【食べて痩せる】炭水化物を抜くとブスになる理由

続きを見る

お酒を分解するのは酵素のちから

楽しいとついつい飲みすぎてしまうお酒。
その摂取したアルコールを身体の中にある【消化酵素】の働きで分解してるのはご存知でしょうか。

肝臓にあるアルコール脱水酵素で、アセトアルデヒドという成分に分解され、そのアセトアルデヒドの働きで酢酸へと分解、その後やっと水と二酸化炭素に分解されるという仕組みです。

そこまでして やっとアルコールの分解が行われますから、時間がかかって当然です。500mlを1本消化するのに約4時間もかかると言われています。

ちなみに、その酵素の働きでお酒が強いのか弱いのか決まるそうです。

遺伝子の関係でアセトアルデヒドが少ない、もしくは存在しない方は体質的にお酒には無縁となる様です。お酒の強さは生まれつき ほぼ決まっているという事です。

ダイエットの味方、新陳代謝を活発にして痩せる

【代謝酵素】のちからで、体温の調整や呼吸、自然治癒力などの生きていく上での生命活動に使われています。年々傷の治りが遅くなっているという経験はありませんか。しっかり補っていかなければ代謝がドンドン落ちてしまうということです。

代謝が下がれば老廃物や水分を溜め込みやすくなり、太りやすい体質へと変わってしまいます。

酵素を上手に摂取して、代謝酵素を取り込めば基礎代謝の上昇や脂肪の燃焼、ダイエットに効果的と言えるでしょう。

摂取方法が重要!熱に弱かった!

ダイエットに効くなら食物で酵素を摂取したいものですが、サプリメントやジュースなどの加工された食品は 作る工程で熱を加えてしまっているため、あまりおすすめできません。

酵素はタンパク質で出来ていますから、熱に弱い性質を持っていて、48度以上の熱を加えてしまうと壊れてしまいます。

なるべく加熱しないで生野菜として食べたり、食後のデザートや味噌や醤油の発酵食品で摂取したい成分と言えます。

痩せたくてもガマン。酵素の摂りすぎに注意

いくら酵素がダイエットに効果があると言っても、それは適度に摂取した場合であり、過剰に摂取してしまうと効果どころか、他の病気に近づく事さえあります。

発酵食品:塩分の取りすぎ

酵素が含まれている発酵食品では、味噌や醤油などが代表的ですが、摂りすぎると塩分が多くなり、血圧が上がりすぎて高血圧になりやすくなります。

ダイエットの敵である塩分の摂りすぎは下半身がむくむという1番の原因になりかねません。

ダイエット中の方は特に塩分を控えた食事がおすすめですから、酵素を摂ろうと発酵食品ばかり食べてしまっては逆効果です。
過剰摂取に気をつけて食事をするように心がけましょう。

【脚のむくみがやばい!】ストレッチポールで筋肉をマッサージ

続きを見る

フルーツ:果糖も太ります

フルーツに含まれる果糖という成分は、糖分の一種ですから、やはり過剰に摂取してしまうと糖分の摂りすぎで糖尿病や上半身太りに なりやすい傾向にあります。

朝食としてヨーグルトにフルーツを混ぜたり、夕飯前の空腹を満たす為のおやつのバナナとして摂取する位の方が痩せやすくなります。

野菜:生野菜の食べ過ぎは身体を冷やす

野菜に関しては、消化の悪さやサラダなどで身体を冷やす程の量を食べるのは逆効果です。

加熱してしまっては酵素が壊れるとは言いますが、1日分全ての栄養素を3度の食事の中の1食だけで生野菜を摂ろうとせずに、3食に分けてみましょう。

熱を加えなければいいのですから、出来上がったスープの上に乗せて温めるだけでも48度までは上昇しないはずです。
温かい食べ物を上手く身体に摂り入れるという事を忘れずに工夫してみて下さい。

無くなると死んでしまうって本当なのか

【酵素栄養学】の提唱者、エドワード.ハウエル博士の説によると、酵素を一生のうちに体内合成できるのは数に限りがあり、酵素を使い切った時に寿命が尽きると言われています。

生まれた時に身体に蓄えられている酵素の量が決まっている為、身体の中の酵素を使わないように外からの摂取によって補い、酵素を絶やさないようにするという説です。

酵素の働きで代謝が上がり、酵素のちからで消化吸収が行われるのに対し、どんどん減っていく酵素を補わなければ死んでしまうという、なんとも残酷なお話し も存在します。

酵素が不足すると食事の時の血糖値の急激な上昇や、コレステロールの上昇、悪くなれば高血糖、高血圧、高血症になる事があると言われているのは事実です。

不足すると、生活習慣病や動脈硬化のリスクが高くなるので、適度に摂取したい栄養素になります。。

より新鮮な食材を摂取して、健康的なダイエットを心がけていれば自然と酵素は摂取できますし、病気を防ぐ事も可能ですから、適度な摂取を心がけ、ストレスのないダイエットを目指してください。

食べて痩せるがダイエット成功の秘訣【ずっと綺麗でいたいなら食事を楽しむ】

続きを見る

【食事制限】すぐに痩せるダイエットは最終的に太る

続きを見る

 

インスタグラムもチェックしてね


-食事

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.