生活習慣

【むくみ・デカ尻・猫背】デスクワークが太る4つの原因

更新日:

デスクワークの体型の変化

毎日パソコン業務で、椅子に座りっぱなし の仕事になると、腰周りに脂肪が付いたような??こんなに私のお尻大きかった??と思うほど、体型に変化がでてきたきはしませんか。

体重は増えてないからと安心していると手遅れになる事も。それは、ただの気のせいではないかもしれません。

実際に仕事をデスクワークに変えてドンドン太ってしまったという方が多くいます。それはただ動かなくなることでカロリー消費が少なくなり太ってしまうという簡単なことではありません。

なぜデスクワークになると 様々なトラブルがでるのでしょうか。沢山の方が事務仕事などの一日座りっぱなしの仕事に就いています。仕事がきっかけで老けたり太ったりすることの ないようによく考えてみてください。

下半身のむくみ

デスクワークなどの1日中座りっぱなしの仕事だと、同じ姿勢でいることから血液の流れが悪くなり、冷えが起こる事で脚がむくんできます。

リンパの動きとは、筋肉運動によってリンパ液が押し上げられて流れていきますから、ずっと同じ態勢だと筋肉運動がないためにリンパの流れも悪くなり、足先は特に老廃物や水分が溜まりやすく、どんどん むくみが溜まっていく状態になるのです。

元々 女性は 女性ホルモン の関係によって ヒップや太もも に脂肪が付きやすい体質ですが、さらに血流が悪いとなれば余計脂肪が付いてしまうという結果になるのです。

さらに、ヒップや太もも、腰周りの脂肪は特に落ちにくい部分で、ダイエットをしても最後に脂肪が落ちていく場所だとも言われていますから、見て見ぬフリをする前に現実を受け止め、早い段階でのケアをおすすめします。

座っていることで大切なリンパ節を圧迫

座っている所を想像してみてください。太ももの付け根は圧迫されています。他にも膝から折れ曲がり膝裏のリンパも圧迫されています。

圧迫されている ということは リンパの流れが滞り リンパ節がつまってしまうということです。

触っていただくとわかるはずです。膝裏と太ももの付け根が固くなっていたり痛みがある場合は流れが悪くなっている証拠です。ほっておくと むくみからセルライトになり 太い脚にまっしぐらというわけです。

【脚のむくみがやばい!】ストレッチポールで筋肉をマッサージ

続きを見る

脂肪は動くため 横広がりのおしりへ

脂肪は流動性があるのを知っていますか。柔かければ柔らかいほど流れやすくなります。バストを想像して いただければ わかります。下着によって固定されていなければ背中や二の腕へと流れていくことになります。

ヒップも一緒です。一日中 同じところで座っていることにより押し潰された脂肪は外側へと流れ 【横に広がったお尻】になります。

考えるだけで嫌になります。それだけではなく老廃物も停滞しやすくなるためお尻周りもむくみセルライトができやすくなることに繋がります。

そのままにしておくと そこで固定されてしまう為、マッサージや ストレッチ をして正しい位置をキープしてください。

猫背になり上半身太り

一日中 書き物やパソコンをしていると知らない間に前屈みになっています。その時間が 多ければ 多いほど 仕事が 終わっても猫背のまま 丸まっているという傾向にあります。

日本人はただでさえ肩凝りや猫背になりやすいのに、仕事でもそんな状態が続けば猫背が当たり前になってしまうのは いうまでもありません。

するとデコルテの厚みは増し 胸板が厚くなったように見え、さらに筋肉が硬直しコリになる為、リンパの流れもスムーズに行かずむくんできます。さらに、二の腕の下の筋肉【上腕三頭筋】も使われなくなるため二の腕も太くなりタプタプになってしまうというわけです。

逆を言えば、姿勢をきちんと正すだけで二の腕は締まっていくというわけです。

他にも猫背になると肩が凝り顔の筋肉を上手く支えられなくなることで顔もたるんでしまうのです。

高校生も【顔のたるみ】は起こる!?簡単たるみの改善方法

続きを見る

バストが下がり 残念な事に

デスクワークで腰やヒップ周りに脂肪が付いたかと思いきや、鏡を見たらバストまで小さくなり、どんどん身体のラインが崩れているなんて思ったことはありませんか。もちろんバストも小さくなります。

同じ姿勢での血行不良により、冷えや肩こり、猫背と言うのが原因で、その同じ姿勢でいるという態勢が長期に渡って続くとバストを支える大胸筋の衰えが始まります。

バストを支えなくても良くなった筋肉は、猫背のおかげで内側へと入り込もうとし、それが余計に猫背を悪化させ、バストが垂れ下がってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

そうなると悲しい事にどんどん体型が崩れてしまい、気づいたらいつの間にか若い時の体型ではなくなっている事も考えられるのです。

そうならない為にも、バストを支える筋肉である大胸筋を鍛えるストレッチなどで肩こりを解消して、血行を良くしていきましょう。

しっかりと大胸筋を鍛える事でバストアップは もちろん、代謝も上がり、背中や二の腕に余計な脂肪が付くのも抑えられ、上半身がスッキリとしていきます。

このようにデスクワークというだけで体重の変化 以上にボディラインの崩れ が早い段階でおこってくるはずです。この事を理解さえ しておくことができれば早い段階で進行を止めることができるはずです。

こちらの記事もチェック


インスタグラムもチェックしてね


-生活習慣

Copyright© new pinky , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.